ロケットケンキュウシツ
ガレキ・プラモ・TOY・映画など趣味についての雑記
2009/06/29(月)
留ブラnanoができるまで その4
前回から少々時間が空いてしまいました m(_ _)m
いや、決して遊んでたわけでは無いんですが
こんな感じで....
留ブラnano組立中


前回で完成した切削データをいよいよModelaに出力します。
言ってみれば、モニターの中のデータが手に取れる立体に生まれ変わるわけで、
完成した切削原型を見るといつも感動してしまいます(ちょっと大袈裟かな)

まずは切削材料の準備。
僕はほとんどいつもモデリングワックスを使っています。
もともとジュエリー原型用の素材なので、
主に宝飾関係の材料を取り扱っているお店で手に入ります。

やや高価で、原型に使用するためには一旦別素材に置き換える必要がありますが、
 ・柔らかいので加工時間が短く、エンドミルが折れにくい
 ・比重が高いので切削屑が空気中に飛ばない
 ・切削屑を集めて再利用できる
といった多くのメリットがあります。

写真のサイズ(148×100×40mm)で2000円弱といったところ。
今回のnanoなら両面を使用すれば1個で十分です。
ブロックワックス


材料が揃ったら切削の準備です。
テーブルにワックスを両面テープで貼り付けて
エンドミルの先端位置を合わせて切削スタート。
後は時々切削屑を掃除しながら切削完了を待ちます。
Modela切削中


因みに、切削中は結構大きな音が出ます。
ご近所や家族からクレームが出ないよう、うちのModelaは自作の防音ボックスに入れてます。
防音ボックス


数度のエンドミル交換、掃除を経て出来上がったのがこちら
切削結果


切削結果も良好でModelaの出番はひとまず終了
CloseUp1

CloseUp2

次はワックスモールドをレジンに反転します。

~もう少し続く~
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Rocketさん、こんにちは。
フォーラムのプロフ欄?から飛んできました~

留ブラnanoの制作工程を拝見させて頂きましたがMODELAで制作されていたんですね!
いやぁ~素晴しい!!こんなふうに制作されていたなんて素敵。(n‘∀‘)η
未知の世界なので原型を見てるだけでも何だかワクワクしちゃいます。
記事の続き楽しみにしております。

ワンフェスも時間が取れれば是非お伺したいです。
2009/07/13(月) 11:16:16 | URL | JET #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> JETさん
こんにちは、ご訪問&コメントありがとうございます。


> 留ブラnanoの制作工程を拝見させて頂きましたがMODELAで制作されていたんですね!
そうなんです。凄いのは僕じゃなくて実はMODELAなんです。


> ワンフェスも時間が取れれば是非お伺したいです。
ご来場お待ちしています。
2009/07/13(月) 12:59:58 | URL | Auther:Rocket #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.