ロケットケンキュウシツ
ガレキ・プラモ・TOY・映画など趣味についての雑記
--/--/--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/08/16(木)
透明シリコンと加圧鍋
半年に一度のワンフェス。
毎回同じ事の繰り返しではつまらないので
参加の度に何かしら新しい技術 or 素材を使ってみることを心掛けています。

今回は巷で評判のボークスさんの透明シリコンを使ってみました。
硬化時間が長い(常温で24H)という弱点があったものの、
精度の高さや引き裂き強度の強さといったメリットに比べれば些細な事。
AH-6では40ショット以上抜いても大丈夫でした。
普段使っているウェーブさんのHG-017だと、20ショットを過ぎたあたりから
硬化したレジンが食い付いたり、細部がちぎれたり、と問題が出てきます。
(型の作り方や離型剤の使い方に問題があるのかもしれませんが...)
ともあれ、次回以降のシリコン型はこれをメインにしようと思います。

さて、このシリコンのもう一つのネックが気泡抜き。
真空脱泡設備が無いと難しいと言われていますが、
手持ちの圧力鍋でどこまでできるか実験してみました。

結果は御覧の通り。
見事に気泡が消えています。
加圧したもの


何もせずに放置したサンプルはこちら
加圧しなかったもの


我ながら、こんなに差が出るとは思わなかった。
いやー凄いぞ! 加圧鍋

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すごい。

綺麗に気泡が無いですね。
これだけでも何かの映画プロップみたいです。
2007/08/16(木) 12:17:08 | URL | eno #/z3KyL9c[ 編集]
どうも、昨日はありがとうございました。

気泡を減らすと、精度は勿論、型の耐久性も大幅に向上するみたいです。
2007/08/16(木) 12:21:28 | URL | Rocket #OXfsr/HM[ 編集]
凄い気泡が無い、これはシリコンを型に流してから加圧をかけるので?
2007/08/16(木) 12:27:09 | URL | つぐおー #zdvXpt9s[ 編集]
はい。通常の手順でシリコン流した後で
鍋に入れて加圧しただけです。
もはや圧力鍋、手放せません(笑
2007/08/16(木) 12:39:22 | URL | Rocket #OXfsr/HM[ 編集]
こちらではお初です。
自分も色々あって透明シリコンを使いました。こちらはハンズに売っている真空弁当箱(2000円)+足裏振動機で脱泡をしてから、ドライヤーでさらに飛ばしました。
詳しくは当方の日記にて…

加圧鍋も使ってみたのですが、空気漏れが一時間に0.8~1気圧ほどあったらしく、シリコンだと微妙に気泡が残ってしまいました;
また、加圧鍋を一個占有してしまうのも痛かったです;
というわけで私はシリコンは真空、キャストは加圧という形をお勧めしますw
2007/08/24(金) 14:02:30 | URL | もいっちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。