ロケットケンキュウシツ
ガレキ・プラモ・TOY・映画など趣味についての雑記
2014/10/02(木)
ゴールデンオーガとストームコーザー その1
イベントでの版権申請許諾が降りなくなって久しい旧タイトー関連作品ですが、
ダライアス外伝はゲーム自体は勿論、
自分にとってワンフェスでの版権物デビューとなったこともあり、
色々な意味で思い入れが強い作品です。

先日、家の整理をしていたら作りかけのゴールデンオーガが見つかったので
この機会に色違いのストームコーザーと2体合わせて製作することにしました。

製作途中の1体に加え、個人の資料として保存していた未組立状態のキットを
使うつもりでしたが、箱を開けたらパーツが足りないことが判明。
残念ながら原型も紛失してしまっていたので、
不足パーツをもう一度自作することになりました。

イベント参加と違い、今回は1セット分だけあれば良いので
複製の事を考慮する必要はありません。
なるべく簡単で時間のかからない方法を考えた結果、ZACODAさんのサイトを参考に
ワックスの端材を使った簡易両面切削で作ることにしました。

手順
1.ワックスにオス型を彫ります。
2.切削が終わったワックスにレジンを流します。
3.レジンが硬化したら、パーツ以外の部分を切削します。
4.パーツ部分が残ります。

簡易両面切削 手順

まず切削データの作成です。
メタセコから必要部分をRhinoにインポートした後、
オス型となるワックス部分を追加して切削用モデルを作成します。
ゴールデンオーガの歯 簡易切削用モデル 1回目



切削1回目
切削途中でレジンがワックスから剥がれて大失敗。
更にエンドミルも折れてトホホな結果となりました...
ゴールデンオーガの歯 切削失敗


切削2回目
パーツの脱落防止の為にサポート部分を増やして再チャレンジ。
エンドミルの送り速度も遅めに調整してなんとか成功しました。
ゴールデンオーガの歯 簡易切削用モデル 2回目


荒削り(φ0.8 スクエア)
ゴールデンオーガの歯 簡易切削(粗削り)


仕上げ(φ0.8 スクエア)
ゴールデンオーガの歯 簡易切削(仕上げ)


少しバリが残りましたが、手作業で仕上げて完成です。
ゴールデンオーガの歯 手仕上げ完了


あとは組んで塗装...と行きたいところですが、
WF2015冬の本申請が再来週に迫ってるので続きはその後で
ゴールデンオーガ&ストームコーザー パーツ一覧



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.