ロケットケンキュウシツ
ガレキ・プラモ・TOY・映画など趣味についての雑記
--/--/--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/05/09(水)
第3回16bitModels展示会 ボランダの製作 (3/3)
前回からの続き、第3回 16bitModels展示会 に出展したボランダの製作記録(最終回)です。

塗装が終わったパーツです。
持ち運びやメンテナンスを考慮して分解できるようにしてあります。
16bitModels ボランダ製作

回転ギミック


せっかく観覧車にしたので回転ギミックを入れてみました。
ちょうど手元にタミヤの低速ギアボックスセットがあったので、
これを使って観覧車の軸とプーリーで連結します。
16bitModels ボランダ製作
16bitModels ボランダ製作

早速試験運転をしてみたのですがここでトラブル発生
モーターは回っているのに観覧車本体は動いたり止まったりで回転が安定しません。
翌日に迫った展示会を前に修理する時間も無く、会場では少々不本意な展示となってしまいました・・・
帰ってから気付いたのですが、プーリーベルトに使った輪ゴムが
回転部分の重量で伸びてしまったのが原因のようでした。

という事で、ギミックの改良です。
まず、観覧車の軸にベアリングを入れて回転をスムーズにします。
ここはタミヤのミニ四駆用ボールベアリングがピッタリでした。
16bitModels ボランダ製作

次はプーリーベルトの改良です。
輪ゴムのように伸びてしまわないよう、ウレタンベルトに交換します。
40cmくらいあれば十分なのですが、10m単位でしか買えませんでした(笑
16bitModels ボランダ製作

そのままでは使えないので、必要な分だけ切ってリング状に加工します。
なるべく位置がズレないよう、ネットの記事を参考にノギスを使って両端を加熱溶着します。
切れたりしないか不安でしたが、接合部は力を入れて引っ張っても切れない程丈夫でした。
16bitModels ボランダ製作

出来上がったベルトを装着して再チャレンジ。
16bitModels ボランダ製作
16bitModels ボランダ製作
16bitModels ボランダ製作

今度は想定通りの安定したスピードで回転してくれました。




次回の16bitModelsは来年4月の開催予定。
既にテーマも発表されています。
僕も参加させていただきたいと思いますので
次回もよろしくお願いします!

スポンサーサイト

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

2018/05/06(日)
第3回16bitModels展示会 ボランダの製作 (2/3)
前回からの続き、第3回 16bitModels展示会 に出展したボランダの製作記録です。

塗装


塗装はクレオスのMrカラーです。以下カラーレシピです。

 イエロー: GX4 キアライエロー + GX1 クールホワイト
 グリーン: C104 ガンクロームの下地にGX104 クリアグリーンをオーバーコート
 紫   : C104 ガンクロームにGX108 クリアバイオレットをオーバーコート
 ピンク : C63 ピンク + GX1 クールホワイト

16bitModels ボランダ製作
16bitModels ボランダ製作

口、眉のラインは薄めたタミヤエナメルのハルレッドをスミ入れ気味に。
顔、目の周囲にGX106クリアオレンジでシェイドを入れた後、
最後に全体をガイアのつや消しクリアーでコートしました。
16bitModels ボランダ製作

ベース


ベースは百円ショップで買った白木材のボックスを素材に、
表面にウォルナットの端材を貼り付けてデコレート。
正面はゲームのロゴを塗装してブライワックスで仕上げました
16bitModels ボランダ製作
16bitModels ボランダ製作
16bitModels ボランダ製作
16bitModels ボランダ製作
16bitModels ボランダ製作

完成画像


16bitModels ボランダ製作
16bitModels ボランダ製作
16bitModels ボランダ製作
16bitModels ボランダ製作
16bitModels ボランダ製作

もう少し続きます・・・

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

2018/05/01(火)
第3回16bitModels展示会 ボランダの製作 (1/3)
4/14日にコトブキヤ秋葉原館で 第3回 16bitModels展示会が開催されました。

今回のテーマはズバリ 「セガ」 ということで、
アーケードからコンシューマーまでこれまでに発売された膨大な数のタイトルから
バラエティーに富んだ作品が展示されました。

当日は近隣で「セガフェス」も開催されていたこともあってか、
終日来場者が途切れる事の無い状態で、ご来場いただいた皆様には深く御礼申し上げます。

いつも通り(?)終了後しばらく経ってしまいましたが出展作品の製作過程をまとめます。

第3回 16bitModels展示会

今回選んだモチーフはファンタジーゾーン2面のボス、ボランダです。
単純な形なのでRhinoのモデリングはすぐに終わりましたが、
某FPSからヒントを得て観覧車にアレンジすることにしました。

早速スクリーンショットを観ながらトラス構造のフレームをモデリング、
外側で回る紫の球状部分はゴンドラに変えてボランダを観覧車に変身させました。
16bitModels ボランダ製作

時間が無いので出来上がったデータはパーツ毎にZortraxでどんどん出力しながら残りのモデリングを進めます。
16bitModels ボランダ製作

出力されたパーツは一見綺麗に見えますが、指で触れるとはっきりわかる積層段差が残ります。
16bitModels ボランダ製作

下側は更に荒れた状態です。
出力時の配置を工夫する事で回避できるのですが、今回はこのまま修正して使います。
16bitModels ボランダ製作

磨く時間を節約するため、細かいディテールが無いパーツは表面処理にアセトンを使います。
やり方は簡単、アセトンを入れたタッパーにパーツを一緒に入れてしばらく待つだけです。
30分もすれば表面が溶けてツルツルの表面に仕上がります。
※.アセトンは可燃物なので周囲は火気厳禁です。
16bitModels ボランダ製作

アセトンでも消えなかった段差はここから手作業で磨きます。
16bitModels ボランダ製作

ほとんどのパーツはZortraxで出力しましたが、
観覧車のフレーム部分はForm2で出力していただきました。
16bitModels ボランダ製作

16bitModels ボランダ製作

ゴンドラのフレームは冶具を作って真鍮線のハンダ付け。
画像で見ると歪んでるのがわかりますね(汗
16bitModels ボランダ製作

開催一週間前、なんとか全パーツが揃いました。
16bitModels ボランダ製作

以下、次回に続きます・・・

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。