ロケットケンキュウシツ
ガレキ・プラモ・TOY・映画など趣味についての雑記
2014/08/23(土)
ドラゴンズクラウン レッドドラゴン製作記 その4
一品物と違い、ガレージキットとして頒布するとなると
複製の事を考慮しないわけにはいきません。

特に、薄いパーツや小さいパーツは粘土埋めが難しく
成型不良や気泡混入が発生しがちなので、
自分の場合、こういったパーツは型まで一緒に原型にしています。
今回のドラゴンでは翼と頭部左右のヒレをこの方法で作りました。
簡単ですが、以下に手順を書きます。

手順1. ワックスブロックの大きさのサーフェスを配置します。
ドラゴンズクラウン レッドドラゴン翼モールド作成手順1


手順2. Zbrushからインポートしたパーツを配置します。
ドラゴンズクラウン レッドドラゴン翼モールド作成手順2


手順3. レジンの流れを考えながら湯口、エア抜きを追加します。
ドラゴンズクラウン レッドドラゴン翼モールド作成手順3


手順4. 手順1.のサーフェスからパーツ周囲を少し大き目にトリムします。
ドラゴンズクラウン レッドドラゴン翼モールド作成手順4
ドラゴンズクラウン レッドドラゴン翼モールド作成手順5


手順5. 各パーツのエッジと型をサーフェスで繋ぎます。
ドラゴンズクラウン レッドドラゴン翼モールド作成手順6


手順6. ダボとなる曲線を配置して手順1.のサーフェスを分割します。
ドラゴンズクラウン レッドドラゴン翼モールド作成手順7


手順7. 分割した内側のサーフェスをZ方向にダボの深さ分移動します。
ドラゴンズクラウン レッドドラゴン翼モールド作成手順8

以上で切削データは完成です。
型の表面はソリッドではなくペラペラのサーフェスですが、
Modelaで切削する場合、このままでも問題はありません。
後は、STL形式に変換してModelaに出力します。

ドラゴンズクラウン レッドドラゴン翼モールド切削シミュレーション


切削時間は裏表合わせて40時間程度でした。
ドラゴンズクラウン レッドドラゴン 翼ワックスモールド

参考
 使用エンドミル
  面出し:2.5mm Square
  粗削り:2.5mm Square
  粗仕上:1.0mm Square
  細部仕上:R0.5 Ball、R0.2 Ball


シリコン型の完成。
ドラゴンズクラウン レッドドラゴン 翼 シリコン型


テスト注型1回目。
圧力鍋で加圧したこともあって、結果は良好でした。
ドラゴンズクラウン レッドドラゴン 翼 シリコン型


これでレッドドラゴン本体の原型が揃いました。

次回 その5 はベース編です。



テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

2014/06/29(日)
ドブケラドプス 原型修正
久しぶりの再販となるドブケラドプスですが、
複製に向け、歩留まりの悪かったベースの原型を修正しました。
ベース オリジナル
ベース 修正後イメージ
ベース 修正後イメージ
画像でおわかりいただけるると思いますが、
修正前後でダボ部分の凹凸を逆にしています。
最初は全体をもう一度切削しようかと思ったのですが、
時間とワックスがもったいないので
前回の原型を一部修正して使用することにしました。

【凹側】
モデラに前回の原型をセットして凹部のみ切削します。
慎重に位置合わせを行ったので、なんとか失敗無く切削できました。
ドブケラドプス ベース修正1

ドブケラドプス ベース修正2


【凸側】
平板から2.5D切削で切り出したダボを原型の凹部に接着します。
ローランドDGさんから提供されている Roland 2.5D for Rhinoceros を使えば
ライノから直接出力可能です。
ドブケラドプス ベース修正4
 手近にあったアクリル板は厚さが足りなかったのでプラ板をスペーサーにしています。

ドブケラドプス ベース修正3
 アクリル板は固いので取り出す際に割れてしまいました...

あとはサフを吹いたら原型完成です。
WF2014夏まであと4週間
来週あたりから複製に入れれば...

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.